みんなのふれんちレルヒ(フレンチ料理/新潟県上越市)

レルヒとは

ABOUT US

ストーリー

レルヒストーリー

雪深い高田の街に、レルヒさんという見習いコックさんがいました。
レルヒさんは、フランス料理を勉強したいと、地元を離れ、修行に出ました。

ですが、何をやってもうまくいかず。
失敗しては叱られ、頑張っては空回りばかり。

そんな毎日を過ごすうちに、レルヒさんは料理する楽しさを忘れていってしまいました。

ある吹雪の日、彼のもとに父がやってきました。
父は何も言わずに、プレゼントを手渡しました。
中には、それは小さなストーブがひとつ・・・。
レルヒさんは、嬉しくて、涙が溢れました。
その小さなストーブは、おおきな薪ストーブのように、とても暖かく感じられたのです。

その後、レルヒさんは諦めずに、せっせとフランス料理の修行を続け、地元上越に帰ってくることを決めました。
『上越のたくさんの人に、もっとフランス料理を食べて欲しい
地元の人が馴染みやすく、気軽に入れる、そんなお店はできないものか』

そんな思いが強くなっていたころに、一軒の古いお家と出会いました。
誰もが懐かしく感じるようなこの空間なら、地元の人に馴染みやすいフランス料理店ができるはず。
新たなレルヒさんのストーリーが始まりました。
~つづきの物語はお店で~

コンセプト

コンセプト

どんなことも大切なのは、相手を想う気持ちや愛情。
フランス料理というジャンルの枠を超えて、Lerchが目指すのはそこが伝わるお店です。

『見た目の華やかさや、味の奥深さがある、自分たちが大切なフランス料理を、地元上越の幅広い世代の方々に知ってもらいたい。』
そのために、敷居が高く、高級そうなイメージがあるフランス料理を、どのような空間、提供の仕方なら、上越の多くの方に、馴染み易く、気軽に食べてもらえるか。
Lerchはそこを追求していきます。

築150年の古い長屋を改装し、畳部屋、板の間、カウンター席、隠れ部屋など、どんな年代の方にも身近に感じる落ち着く店内を作りました。

ランチタイムには和のテイストを取り入れた器やメニューを、ディナータイムには、フレンチ居酒屋をイメージして考えたメニュー、お酒を飲まない方や健康に気を遣う方も楽しめるドリンクをご用意しました。フランス料理を楽しみたい方、お祝の日などには、コースもご用意致します。

上越の方々が、3世代で通えるようなカジュアルなフレンチレストランとして、地元の皆様に愛されるお店づくりを目指して、

また、この場所から新たなストーリーや繋がりが生まれ、高田に温かい活気がうまれてくれるように、スタッフ一同心を尽くして参ります。

PAGE TOP